【セミナー 東京】3.27 なぜ、いま資産防衛策が不動産投資に向かうのか

bruges-406862_1920

 

 

資産防衛を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

これからの日本経済を読み解くうちに、ふとリスクを考えざるを得ないことにぶつかる。それは、過去に繰り返されてきた歴史の中で読み解くことができる。

現在、様々な形で増税が叫ばれるなか、実業家、資産家はもちろんのこと、仕事を頑張り、勤め上げて資産を築いた方、あるいは同様な現役の方に至るまで、将来的な経済に不安をもっている人は多い。昨年度、増税された相続税や、将来に向けて消費税の増税など、今後、概ね減税の話など浮上しない。また、資産家の多くは、不動産投資などを進めていくと、おのずと累進課税の増税や相続対策にぶつかることになり、その後、どのようにして資産を後継者に譲って行くのかの疑問を持つ方も多いのに、なかなか結果にたどり着くことはない。

世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人は少なく、また、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。

今回のセミナーでは、16社に及ぶ起業実績ある実業家であり、20代から自らの手で不動産投資による資産を築き上げた資産家であり、過去20冊を超える実務書の著者であるCFネッツグループ代表の倉橋に、自らの経験則上の「資産防衛」の見地から、具体的な資産防衛策や相続対策、事業継承なども交えて今後の施策を解説させていただきます。
今回も、満席が予想されますので、どうぞ、お早めにお申込ください。

【講義内容】
1.日本のマクロ経済から考察されるキーワード
2.資産とお金の基本的な話
3.昭和21年に公布された財産税法と預金封鎖
4.不動産投資の基礎知識
5.相続対策にも不動産投資が有効
6.法人化で相続対策と事業継承
7.いまある資産を後継者に継承させるには
8.実務に基づく具体的手法
9.その他

◆株式会社シー・エフ・ネッツ 代表取締役
不動産コンサルタント 倉橋隆行CPM◆保有資格
CPM(米国公認不動産経営管理士)
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員
IREMJAPAN会員
社団法人全国賃貸住宅経営協会会員
不動産コンサルティングマスター
宅地建物取引士
上級損害保険資格者
金融取引管理者資格
住環境測定士補 


倉橋隆行による「成功へのこころの科学」はこちらから
自ら「不動産投資」を実践し、「不動産コンサルティング」を中心に活動中です。特に不動産に関する法律に精通し、相続対策や土地有効活用、不動産投資などのコンサルティング及びセミナーは、各方面からご好評頂いております。 また、国際ライセンスのCPM認定者であり、最近では、欧米並みのプロパティマネジメントも実践しております。
現在、株式会社シー・エフ・ネッツのほか、グループ企業10社超の経営を行いながら、不動産経営者向けセミナーや実務者向けセミナーも全国各地で開催中です。

【受講料】

無料!

【開催日時】 【会場】 【お申込】
2016年3月27日(日)
受  付  13:00
セミナー  13:30~16:00
【東京】
アットビジネスセンター東京駅 206号室
東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル
JR各線「東京」駅(八重洲口)より徒歩約6分
都営浅草線「日本橋」駅より徒歩約5分
「宝町」駅より徒歩約4分
銀座線「京橋」駅より徒歩約5分

お申込締切日 3/23(水)
※大好評につき、緊急追加講演決定!※
2016年4月17日(日)
受  付  13:30
セミナー  14:00~16:30
【鎌倉】
鎌倉芸術館 会議室1
神奈川県鎌倉市大船6-1-2
JR各線「大船」駅 徒歩10分

お申込締切日 4/13(水)
【ご連絡】
お申込フォームより、必要事項を記入のうえ送信してください。
お電話によるお問合せ・お申込みは、0120-177-213へお願いします。
※お振込の確認が取れ次第、お申込とさせて頂きます。
※当日、受講料のお受取は致しませんのでご了承下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お客様の感想を教えてください

main2

CPMへ質問をしてみませんか?

btn_side_address02

2017年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

現在の登録CPM

37名

CPMを動画でみたい

*CPMへの苦情受付*

ページ上部へ戻る
Top