不動産と税金の関係

不動産と法人活用を組み合わせた節税についてお話をさせていただきました。税制改正により今年から相続税が増税になりましたが、その陰で相続税が譲渡した際の経費になり所得税を減らすことができる『取得費加算の特例』も改正されています。すなわち相続税増税+納税資金を作るための譲渡も増税と負担増のダブルパンチとなっていますが、意外とこちらの改正は不動産を扱う方にも知られていません。納税者によっては昨年までは一つの土地の売却で相続税が賄えていたところ今年からは二つ売却しなければという方も出てきており、税も絡めた不動産のコンサルティングが必要な状況が増えてきているのです。このように相続税に限らず、不動産と税金はまさに切っても切れない間柄、関係にあるのです。

信頼できる専門家を選べる目

人は全知全能ではありません。自分自身もできる限りの知識を入れようと思っていますが、かといって全て自分で対応する気は毛頭なく、不動産は不動産のプロ、保険は保険のプロに案件を交通整理するのが役割だと思っています。当然不動産のコンサルタントも全ての税金を理解するのは無理ですが、入り口の知識は共有していただきその後専門家につなぐということができれば、喜んでいただけるお客様が少しずつでも増えるのではないかと考えます。特に過去に比較できないくらい各分野で専門性が高まっている現在、一人でやり遂げる能力も大事ですが、信頼できる専門家を選べる目、情報を共有できるコミュニケーション能力が必要になってきているのではと思います。

主催者からのコメント

この度は、スリーアローズ税理士事務所三矢税理士より、「中小企業オーナーの法人や不動産を活用した節税対策」というテーマでお話し頂きました。具体的に経験された事例を交えながら、又、法改正による期間の制限のある節税対策など、実務に応じたお話しが聞くことができ、参加者の方々からも、どんどん質問が飛び交う活気にあふれたセミナー開催となりました。12月8日には、再度三矢税理士のセミナーが予定されています。
是非、全国からご参加をご検討下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お客様の感想を教えてください

main2

CPMへ質問をしてみませんか?

btn_side_address02

2018年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

現在の登録CPM

37名

CPMを動画でみたい

*CPMへの苦情受付*

ページ上部へ戻る
Top