不動産鑑定評価と相続評価の違いとは?【セミナーレポート】

cpm_madoguchi2

不動産の鑑定評価とは

今年は日本不動産鑑定協会が創立されて50年の節目の年でありながら、不動産鑑定士の業務自体が広くみなさんに知られていないので、前半は不動産鑑定評価制度の概要(試験制度から業務内容まで)を説明させていただきました。

不動産の鑑定評価と相続税の評価との違い

後半は、相続税の評価方法(路線価方式と倍率方式)の概要と、通常、路線価は時価の8割を目安に設定されていますが、時価と価格差が大きくなるケース(不整形地や無道路地など)、つまり、路線価方式で評価するより、不動産の鑑定評価を使った方が有利なケースを説明させていただきました。

梶本莉佐CPM(主催者)から一言

関西支部では、オーナー提案では必ず必要な知識である相続についてのセミナーを2回シリーズで行います。
第1回目は、相続セミナーの講師として有名で、ご本人もCPM、CCIMである太田鑑定士にお願いしました。
第2回は、税務面からみた相続の話をしていただきます。講師には、相続の税務といえばこの税理士さんという先生をおよびしています。

皆様、どうぞ、ご参加ください。

CPM とは何か?不動産業界最高峰ライセンスCPMの情報サイト5つのバリューはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お客様の感想を教えてください

main2

CPMへ質問をしてみませんか?

btn_side_address02

2017年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

現在の登録CPM

37名

CPMを動画でみたい

*CPMへの苦情受付*

ページ上部へ戻る
Top