cpm_madoguchi2

金融電卓とは?

不動産をしていると、日常において“ローン電卓”を持っているセールスマンはよく見かけますが、"金融電卓"を使っている人に会うことはごく稀なことです。沢山ある電卓の中で、なぜ“金融電卓”なのか?ローン(元利均等)計算は当然に計算しますが、この金融電卓の優れたところは、TVM(貨幣の時間的価値)計算やCF(キャッシュフロー)計算をすることができることです。多くの知り合いに、「そのローン電卓はどこのメーカーの?」と聞かれることが多いですが、「これは"金融電卓"と言ってですね、ナンタラカンタラ×2、、、(熱)」と訂正するようにしています!

なぜ金融電卓をつかうのか?

私がCPMホルダーとなった時から、この"金融電卓"を持っている人にしばしば会うようになりました。日本中の優秀なCPMメンバーは、この電卓を手放しません。普通の足し算などでも金融電卓を使います。それだけこの金融電卓が重要なツールだということです。現地調査の現場でキャッシュフロー計算して、ローン想定して、その場で結論が出せること。
取引のスピードが上がるし、話は早い。私の知るCPMホルダーは、現地案内の現場において、金融電卓で計算してその場で買い付けることを決定し、実際に買い付けたCPMがいました。そのCPMはチャンスを逃さずに確実に着実な道を選択しているように見えました。この、判断基準を測るのが金融電卓を持つ理由であり、CPMを取得するということは、その指標を測るために必要な能力を備えることができる資格ではないだろうかと感じます。

主催者からのコメント

HP社製金融電卓「10B㈼」を使った基礎的なローン計算を中心に、不動産投資におけるファイナンスの考え方の基礎を林田CPMにわかりやすく解説いただきました。今年のCPM受講生を含めた会員の皆様と共に、初めて参加いただいた皆様の中には来期CPMを受講したいとのお声を多数いただけました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お客様の感想を教えてください

main2

CPMへ質問をしてみませんか?

btn_side_address02

2017年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

現在の登録CPM

37名

CPMを動画でみたい

*CPMへの苦情受付*

ページ上部へ戻る
Top