収益物件の卸問屋/後藤聡志CPM


徹底した物件仕入れによるリスクヘッジ

我々が得意としていることはブツ上げと呼ばれる所謂物件仕入れに特化していることです。不動産投資は色々な分析手法がありますが、一番重要な要素を占めるのは購入価格だと考えます。安く手に入れることさえできればその時点でその投資はほとんど成功したようなものです。何故ならば時間リスクを考慮せずに出口を迎えても失敗とはならないからです。購入・保有・売却と不動産投資には3つの局面がありますが、保有期間のメンテナンスは当然大切だとしても、時間の経過リスクというのは間違いなく存在します。

利益が出る状態で仕入れば失敗のしようがない

日本の人口が減少していくということは入居者マーケットが減少していることを指すわけですからNOI率や空室率はエリアや物件種別によってある程度の平均値が取れてきています。そして借入条件の金利・期間が決定すれば返済額も読むことが可能です。ということは運営期間中は当然努力は必要ですが、劇的に変化を起こすことは中々困難ということです。ゆえに購入価格・売却価格によってその不動産投資のパフォーマンスはいかように変化が起こりうるわけです。とはいえ高く売るというのはその時の市況により左右されます。極端なことを言えば、今日買って明日売っても利益が出る状態であれば失敗のしようがないわけです。実際買取転売の不動産業者はそれを生業にしているわけですから、その流通網を一般の投資家方に提供しているのが一番の特徴です。

利は仕入れにあり

最上流の川上物件の情報を手に入れることが出来ることに尽きます。「利は仕入れにあり」の言葉通り、物を売るのは相場があり誰が売ってもそれほどの差は無いですが、仕入はどれだけ安く仕入れることが出来るかが直接利につながるということです。既存物件オーナーのまだ多くが高齢者層であり、投資専門の不動産業者の存在を知りません。ゆえに近所の大手不動産業者や地場の不動産業者に売却相談をします。ところが投資を専門で扱っていない業者はその分析ができず、かといって販売を拒否するわけでもなく、一番手っ取り早い買取専門業者に物件情報を流します。そこで買取業者が買取り、利益を乗せて一般市場に流通するケースが多く有ります。また利幅が大きい業者ほど多額の広告費を使い、一般の投資家の目にとまりやすくもなるという状況さえあるわけです。不動産投資を通じてどのような資産形成をしたいのかをヒアリングさせて頂き、その予算・エリアに的を絞りまだ市場に出ていない物件を発掘することが出来るのは弊社の一番の特徴となります。また入口から売却まで、保有中も含めどのタイミングで出口を迎えることが最良なのかといった投資分析もすべてワンストップで兼ねており、投資家様方とは孫の代までのお付き合いをモットーにしております。

物件評価

    成功事例

      施工事例

        コラム

          Q&A

            お客様の声

              セミナー・イベント情報

                お問い合わせ

                bot_btn_contact_o
                bot_btn_request_o

                きらめき不動産株式会社

                神奈川県横浜市中区尾上町5-77-2-7F
                045-633-3463

                アクセス

                JR線・地下鉄「関内」より徒歩1分 / みなとみらい線「馬車道」より徒歩4分

                大きな地図で見る
                ページ上部へ戻る
                Top