CPM | 不動産業界最高峰ライセンスCPMの情報サイト5つのバリュー


不動産経営で最も信頼できるパートナー、それがCPM

不動産業界では何が高いのか、何が安いのかよくわかりません。そもそも基準というものが不明確で、個人的な経験則が先行しています。欧米諸国など先進国の不動産業界に比べ、日本はINDEX(指標)データの蓄積がありません。欧米では家賃、経費、売買相場、投資回収、融資評価、資産評価など、指標を使って不動産価値を求めることができます。世界中でCPMが活躍している理由の1つは、インデックス(指標)を使う能力を持ち、何が高いのか、何が安いのか、CPMは明確に計算できます。その数値・指標に基づいた不動産管理を可能にするCPMは、オーナーの収益を最大化させる可能性が高いと言っても過言ではないでしょう。

国際基準の物件管理能力を持ったCPMを紹介

不動産経営において経営者(オーナー)の最も優先するべき仕事は「決める」ことです。言うなれば、経営業務とは決断をして収益を上げる「作業」を作り出すことだと言えます。大切なことは質の高い決断です。米国では"不動産を買う前にPMを買え"という言葉がありますが、不動産経営にとって信頼できる実用的な情報を整理することは簡単ではありません。収益を上げる質の高い決断をするために、高い能力を持つCPMを経営パートナーにすることは収益率を上げる最も可能性の高い選択肢でしょう。インターネット上には匿名での情報も氾濫しておりますが、当サイトでは「掲載者の顔が見える」ことをコンセプトに掲げ、オーナーにとってのベストパートナーを探せるよう工夫しています。

IREM®公認のCPM専門サイト

米国シカゴに本部をおくInstitute of Real Estate Management(通称IREM)は1933年に設立され80年以上の歴史があり、全米だけでも100を超える支部があります。カナダと合わせて1万人以上のCPMを統轄、25カ国以上でCPMを国際ライセンスとして認定しています。「CPMの窓口」はIREMシカゴ本部より承認を得て運営しています。

お気に入りのCPMを探せる

雑誌やネットでも、やはり映像の伝わりやすさには敵いません。掲載者には実際にお会いして、文字では表現できないその魅力を配信しています。加えて、CPMによるコラム投稿など、その人となりを感じてもらえます。皆、違った切り口で活躍しています、良いとこ取りをすることで、あなたにとって最高の不動産チームを結成できます。

近くにいるCPMを探せる

やはり所有物件の地場で活躍しているCPMに相談したいものです。日本全国、各地方で活躍しているCPMを掲載。住まい近くで活躍しているCPMを探しても良し、コラムや映像配信で気に入ったCPMに直接オファーをしても良し、物件が欲しい地域のCPMから情報収集するも良し、オーナーにとって地域密着型のベストパートナーを探すことができます。

日本国内でCPMを管轄しているのはIREM JAPANです。
ページ上部へ戻る
Top