【セミナーレポート2/9 東京開催】淘汰されない不動産業者のコンサル術

glasses-472027_1920

巻口成憲CCIM。

CCIM JAPANが主催する、「淘汰されない不動産業者のコンサル術」シリーズのVol.2が開催されました。 今回のゲストスピーカーは、リーウェイズ株式会社の巻口成憲CCIM。「ビッグデータと人工知能で変る不動産取引」と題し、講演を行いました。 不動産業界ではまだなじみの少ない「ビッグデータ」「人工知能」というキーワードを散りばめた講演内容は、非常に先進的で革新的。独自に収集した過去の収益物件のビッグデータから、どのような分析方法を用いて値を導き出すのかを、整然と説明しました。 ビッグデータと人工知能は、時代の潮流になりつつあります。これらが不動産業界に与える影響はどのようなものなのか、不動産業界はどう変って行くのかも、巻口CCIMは論理的に予測します。受講生にとっては刺激的でインパクトの強い内容で、皆さん真剣に聞き入っていました。

CCIM JAPAN会長の河野守邦

後半に登壇したのは、CCIM JAPAN会長の河野守邦CCIM,CPM。 今回は相続対策にスポットを当てたコンサルタント術について講演しました。数多くの相続対策がありますが、それぞれを要素別に分けて考えると整理がしやすく、オーナーにも理解してもらえる、というものです。相続対策のプレゼンのポイントにも触れ、現場でどのような流れでコンサルを行うかを紹介しました。 また、オーナーを納得させる手法として、二次相続の最適値計算、暦年贈与の最適値計算を、Excelシートを使って実演しました。大切なことは、数値を可視化し、時には演出してオーナーに理解を促し、そのうえでオーナー自身が選択することだと強調しました。

CCIM JAPAN会長 河野守邦

人口の急激な減少がはじまり、不動産業界は未知の領域に突入します。 物件管理業者は淘汰され、資産管理業者が生き残る時代がすぐそこまでやってきています。つまり、物件ではなく、オーナーをグリップすることが生き残る道であると私は考えています。それには、コンサルしかありません。 難しいと考えがちな不動産コンサルを初歩から始めるシリーズです。Vol3,Vol4からでも理解出来る内容となっていますので、是非ご参加下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お客様の感想を教えてください

main2

CPMへ質問をしてみませんか?

btn_side_address02

2017年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

現在の登録CPM

37名

CPMを動画でみたい

*CPMへの苦情受付*

ページ上部へ戻る
Top