既存入居者への配慮を怠らない

リノベーションというものは、入居者に喜んでもらえるものでなければいけません。新規で管理を受け、リノベーションを依頼された時に私が一番最初にしたことがあります。それは、既に入居頂いているお宅には必ず挨拶に伺うことです。入居者属性を考えてリノベーションをする、この一見あたり前に思えることを弊社では大切にしています。新規募集も大切ですが、それと同じくらい大切なことが入居者保持だと考えています。

リノベーションにお金なんてかけれない

「売却前にリノベーションをして満室にして価格を上げたい」そう考えるオーナーはまだまだ少数派です。時には、リノベーションに使えるお金なんてない(あっても予算は出せない)こともあります。限られた予算の中で、問題や課題に限定して資本投下して先に部屋を埋めるんです。キャッシュフローを安定させるのが先決で、その後に要望に沿ったリノベーションをしてもらいます。弊社は、一級塗装士と熟練大工のコンビネーションが有名で、長い年月に裏付けされた熟練の技術をオーナーがいつも大絶賛してくれています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お客様の感想を教えてください

main2

CPMへ質問をしてみませんか?

btn_side_address02

2017年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

現在の登録CPM

37名

CPMを動画でみたい

*CPMへの苦情受付*

ページ上部へ戻る
Top